知っておきたい薄毛原因と今すぐできる7つの大事な改善ポイント

薄毛予防発毛を目指すなら、まず抜け毛の原因を知りましょう。原因を知らないまま対策しても効率が悪いですからね。

遺伝で仕方がないと思ってる方が多いですが、薄毛にはいろいろ原因があって、遺伝もその1つですが、もしかすると家庭での食生活など要因になっていたりします。

大事1 紫外線対策

紫外線が肌に悪いのはしられてますが、実際髪の毛にも悪いというのは本当です。髪の大事なキューティクルにダメージを与えて、長時間日光を浴びたりすれば薄毛のもとになります。

大事2 禁煙

喫煙は血管を収縮させてしまうニコチンがふくまれ、これで頭皮にしっかり血液が送られなくて、脱毛促進させるのです。昼起きてる時間帯に細胞が受けたダメージは睡眠中免疫細胞が分泌されて修復されます。

大事3 睡眠

美容もよく睡眠をとることがだいじとされていますがそれと一緒です。睡眠不足は紙の成長を妨げてしまいます。髪の構成成分はたんぱく質でできていて、偏った食生活は避けてください。

大事4 アルコール控える

大量のアルコール摂取で肝臓に負担がかかって、その状況なら髪への栄養補給が届かなくなります。ストレスを過度に感じれば自律神経バランスが崩れて血行が悪くなって頭皮にしっかり血液が送られなくなります。

大事5 冷え性の改善

女性に多い冷え性ですが、これによって血行障害が原因でしっかり栄養が送られなくなります。頭皮を良い状況にして抜け毛予防して今ある毛を健康にすることが一番育毛につながります。

大事6 シャンプー

シャンプーの仕方が間違っていれば髪の毛を傷める原因となり、男性は特にシャンプーは適当に終わらせてしまう方が多いです。方法をしっかり守ると髪にいい効果がありますからやってみてください。

また、シャンプーも普通のものよりも頭皮を洗うスカルプシャンプーの方が抜け毛は改善されます。普通のシャンプーを使ったり、すすぎが甘いと頭皮にシャンプーの界面活性剤が残留しやすいので、それが抜け毛の原因にもなります。

大事7 栄養補給

抜け毛や薄毛を直接的に予防したり改善するような食べ物があると思っている人がいますが、それは都市伝説みたいなものです。ワカメが良いとかも言われますが、実際に発毛効果があるなんてことは医学的に証明されていません。

しかし、髪の成長に必要な栄養素や、抜け毛を起きにくくする栄養素は解明されています。それらがバランス良く入っているのが育毛サプリなので、手間な人はそういったサプリを活用されるといいと思います。(参考:育毛サプリ比較

 

 

まとめ

いかがでしょうか?薄毛の原因はさまざまあり、複数の原因が重なって始めて進行すると言われています。

なので、どれか一つだけを劇的に改善してみたところで、回復の見込みは難しい可能性は多いにあります。

できるだけ総合的にダメな部分はないか見直し、改善できるところから改善していくことをおすすめします。

ミノキシジルの副作用が心配な人はキャピキシル配合フィンジアがおすすめ!

薄毛治療薬として有名なミノキシジル。

日本では唯一の発毛剤としてリアップなどが有名ですね。薬局などでも男性なら一度は目にしたことがあると思います。

これは頭皮に直接塗るタイプのミノキシジルですが、薄毛外来など病院では飲むタイプのタブレット型のミノキシジルも処方してくれるところもあります。

しかしこのミノキシジル、どちらのタイプも残念ながら副作用のリスクはつきもの。

命に関わるような深刻なものではありませんが、具体的には頭皮の痒みや動悸、むくみ、多毛症など、人によっては副作用に耐え切れずに使用を断念する人もいます。

ミノキシジルの副作用で悩む方の救世主フィンジア!

では、ミノキシジルを使えない人は薄毛改善は諦めるしかないのでしょうか?実は最近、副作用のない育毛成分として非常に注目されている成分があります。

「キャピキシル」と呼ばれる成分で、もともとはカナダの化粧品会社で研究開発された成分です。

このキャピキシルは、ミノキシジルと同等もしくはそれ以上の効果があると言われていて、さらには副作用がまったくないとして今非常に注目を浴びている成分なんですね。

キャピキシル配合の育毛剤はすでに国内でもいくつか販売されていて、医薬品ではないので誰でも気軽に手に入れることが可能です。

中でもオススメはフィンジアです。キャピキシルも最高濃度5%に加え、ミノキシジル誘導体といわれるピディオキシジルも最高濃度2%

さらに浸透力もカプサイシンによって高められていて育毛ロジックがかなり理にかなっています。

値段もキャピキシル配合育毛剤の中では1万円以下とお値打ちです。

ミノキシジルを使いたくても使えない人は、ぜひ使用者の体験口コミなどもチェックしてみてはいかがでしょうか。